食品表示

食肉や卵の表示は、いろいろな方面において定められた規定によって織りなされています。このページでは牛肉・豚肉の表示についてご説明します。

はればれおかやま meat & egg おかやまの肉と卵 JA全農おかやま 畜産部

食品表示

安全や安心がより強く求められる現在、意識調査によると消費者の皆様がお店で買い物をされる時、約9割の人は「商品表示に関心がある」ことが示されています。

食肉や卵の表示は、いろいろな方面において定められた規定によって織りなされています。

大きくは食品衛生法・JAS法・景品表示法・計量法などの法令により、またこれを受けて各省庁の告示や通達・通知で規定されています。

お肉や卵を安心してご購入いただき、ご家庭で楽しくおいしく召し上がっていただきたく、『表示』についての豆知識のコーナーです。

店頭表示を「気にして必ず見る」「時々見る」人の割合

(H.16.12調査結果)

原産国の表示 90.8%
産地銘柄の表示 89.2%
和牛国産の表示 89.6%
用途の表示 89.3%
部位別の表示 96.0%

(財)日本食肉消費総合センターH.P.より


 

対面で販売するお肉と事前に包装されたお肉(パック肉)とでは表示方法が違います。ここでは、『パック肉』を例に紹介します。

◇パック肉に必要な表示事項は、

  1. 食肉の種類・部位・用途など
  2. 原産地
  3. 冷凍肉にあってはその表示
  4. 100グラム当たりの価格
  5. 量目
  6. 販売価格
  7. 消費期限及び保存方法
  8. 加工(包装)所の所在地
  9. 加工者の氏名又は名称
表示例

 

を、外部から見え易いように、邦文8ポイント以上の文字で明瞭に表示することとなっています。
(「食肉の表示に関する公正競争規約施行規則」より)

さらに、H16.12.1から「トレサビ法」によって、国産の特定牛肉には牛個体識別番号、若しくは牛個体識別番号がわかるロット番号と問合せ先の表示が義務付けられています。

>>牛肉トレーサビリティシステムページへ

(財)日本食肉消費総合センター JA全農おかやまミートセンターの表示 [例

  1. 1,単個体識別番号

    ラベル

    牛にはそれぞれ一頭ずつ個体番号が振られています。

    これは、そのパックの中の肉が1頭だけの時です。

  2. 2,複数個体識別

    ラベル

    上記同様の個体識別番号が、パックの中に2頭含まれている場合、このようになります。

  3. 3,ロット番号

    ラベル

    切れなど、一頭ずつの番号をとても表示しきれないような場合、ロット番号を印字します。

    トレサビ画面でロット番号を入力して検索すると「この中には、以下の個体識別番号の牛が含まれます。123456・456789・111222・333444…」個体識別番号とロット番号は、上記のような違いがあります。

  4. 4,豚

    ラベル

    識別番号を入力するとその一頭の情報ではなく生産農場の紹介ページが表示されます。