たまごのお話

たまごの構造のご説明です。

はればれおかやま meat & egg おかやまの肉と卵 JA全農おかやま 畜産部

もっと知りたい おかやまのたまご

次へ

 

たまごの構造

卵殻

卵の表面にある殻のことで、卵の中身を守っています。

約94%が炭酸カルシウムで出来ています。

殻には無数の穴(気孔)が空いていて、卵は呼吸をしています。

卵白

一般的に白身と呼ばれている部分で、内水様卵白、外水様卵白、濃厚卵白、カラザで構成されています。

約90%が水分で、残りはたんぱく質で出来ています。

カラザは卵を割ったときに黄身に付いている白いひも状のものであり、卵黄を卵の真ん中に吊り下げる役目を持ったものです。ほとんどがたんぱく質ですので食べても問題ありません。

卵黄

一般的に黄身と呼ばれている部分で、卵の栄養素のほとんどが卵黄の中に含まれています。約50%が水分で、残りはたんぱく質、脂質で出来ています。

次へ