豚のお話

ロース、バラ、ヒレ、モモなど、豚の部位と部位に適した料理についてのご説明です。

はればれおかやま meat & egg おかやまの肉と卵 JA全農おかやま 畜産部

もっと知りたい おかやまの牛

前へ 次へ

 

豚の部位

部位のイラスト

肩肉

肩肉の写真

筋肉の間に脂肪があるのでこくがあります。焼き豚、ソテーなど。

イラストへ戻る


 

肩ロース

肩ロースの写真

運動量の多い筋肉が集まっているので、ややきめが粗く肉色も濃い目。薄切り・角切り・煮込み料理など応用範囲は広く、挽肉としても最適。

イラストへ戻る


 

ロース

ロースの写真

きめが細かく、適度に脂肪があるので、ステーキ、ローストポーク、豚カツに。

イラストへ戻る


 

ヒレ

ヒレの写真

脂肪がほとんどなく、きめも細かいためあっさりしているので揚げ物や焼肉に。

イラストへ戻る


 

モモ

モモの写真

「うちもも」と「しんたま」に分けられます。うちももはきめが細かい赤身肉。酢豚や煮込み料理などに。しんたまも脂肪が少なくやわらかいけど、スライスして使われます。

イラストへ戻る


 

バラ

バラの写真

きめは粗いけどかたくなく、風味に優れています。ベーコン、シチュー、挽肉料理、煮込み料理に。

イラストへ戻る


 
前へ 次へ